コミナスブログ 子どもの学習について

鏡文字はやさしく見守ってね

投稿日:



シンプル育児アドバイザーの石鍋てるみです。


保育園に勤務していた頃は、

子どもから、小さな紙に書いた

お手紙をもらったものです。(^▽^)/


文字を書き始めた子どもによく見られる現象として

【鏡文字】があります。

【鏡文字】とは、上下はそのままなんですけれども、

左右が反転している文字のことです。

横書きであれば、左から右に向かって書くはずの文字を

右から左に向かって書くこともあります。

鏡に映すと普通の字と同じように読めるので、

【鏡文字】とよばれています。


あなたも、どこかで見たことがあるかもしれませんね。

自分が小さいころそうだったという人も

いるのではないでしょうか。


他の子どもが普通に書いているのを見て、

『どこか、障害があるんじゃないでしょうか?』と

質問してくるお母さんもいます。


確かに、発達障害の一つ「学習障害(LD)」のうち、

書く能力に困難さがある「書字障害(ディスグラフィア)」

があります。

この障害を持つ子どもに【鏡文字】になってしまう

という特徴が見られることがあります。

けれども、【鏡文字】は、文字を学び始めた幼児期に

よく見られる現象です。


左脳が十分発達してきて、

左右の認識ができるようになってくると、

正しく文字を書けるようになってくることがほとんどで、

5~6歳頃までには直っていることが多いようです。


それだけで発達障害があるとはいえませんから、

小学生になる頃までは様子を見ていいと思います。


小学生になっても、改善しない、

読み書きに困難さが見えるという場合は、

一度専門家に確認してみましょう。


それまでは、間違えていても、

強く指摘したり、何度も書き取りの練習をさせたり

といったことはしないようにしましょう。


『あれ?ちょっと反対になってるね』と

気づかせるくらいの関わりにして、

ゆっくり成長を見守ってあげてくださいね。


文字を書く事が楽しいという気持ちを

損なわないように見守りましょう。


文字にこだわらず、グルグルと渦巻きを描いてみたり

迷路あそびのようなものをたどるなどの

遊びも、書く事への練習になります。


左右を意識するのも、

昔やったことがあるでしょうが、

『右あげて、左あげて、右下げないで、左下げて』

なんていうゲームも楽しいです。


文字を書くという動作一つの中に、

見る事、手先を使う事、左右の認識、

体幹を保持すること、まねる事、

一時的に記憶することなど

たくさんのことを一度に脳は処理しながら

行うわけです。


色々な経験をする中で、脳にたくさんの神経回路を

つくっていくことで、繋がりあっていきます。

繰り返すことで、上達していけるのですね。


獲得させていきたいことは、

繰り返せることが必要です。


そこには、自発的に楽しくやってしまうといった

しくみが有効です。


子どもが取り組みやすいように環境を整えて

自分で楽しめる方法を工夫してみましょう。

石鍋てるみオフィシャルサイトでは、LINE公式アカウントを開設しております。

子育てに関する情報や、イベント開催情報をあなたにいち早くお知らせします。

もしも、あなたが・・

  • 育児が辛く感じる。
  • 言うことをきいてくれなくて、育児に自信が持てない。
  • うちの子は、普通じゃないかもと心配になる。
  • うちの子は、ほかの子よりもダメなんじゃないかと焦ってしまう。
  • すぐに、暴力をふるってしまい悩んでいる。
  • 落ち着きがなく、じっとしていられない。
  • 子育てについて、他人の意見や評価が気になる。

こんな心配をされているのなら、一人で抱え込まないで、気楽に下の『友だち追加』をクリックしてください。

友だち追加

Facebook:@ishinabeterumi

-コミナスブログ, 子どもの学習について

Copyright© 石鍋てるみ オフィシャルサイト , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.